『あつまれ どうぶつの森』ディレクター、プロデューサーによる「キャラクターの性別」「タイムトラベル」などについての説明

以下、海外『ワシントン・ポスト紙』によるゲームディレクター「京極あや」氏およびプロデューサー「野上恒」氏へのインタビューを抜粋したものです。

開拓とクラフトについて

  • 「アニマルクロッシングシリーズはリアルタイムクロックに関連付けられているため、深夜にプレイしたいユーザーや朝早くプレイしたいユーザーがいます」と京極は言います。「これらのユーザーにクラフトのオプションを提供することで、これはユーザーがプレイして[クラフト可能な]アイテムを取得する新しい方法になると考えました。」
  • 開拓は、過去のゲームで予想外のプレイヤーの行動に対処する方法でもありました。京極は、シリーズの以前のエントリを見て、ユーザーが繰り返しリセットしてやり直し、希望する町のレイアウトを選択すると述べた。あつまれどうぶつの森では、その決定の後でも、島は完全に順応性があり、ゲームプレイに柔軟性をもたらします。

キャラクターのカスタマイズに関する性別の制限をなくすことについて

  • どうぶつの森の柔軟な性質は、キャラクターのカスタマイズにも拡張されます。衣料品や髪型は性別に制限されないため、プレイヤーはゲームで自分を表現する方法についてより多くのオプションを利用できます。このレベルのキャラクター微調整は「性別だけではなく」「社会は多くの人々の異なるアイデンティティを評価することへと移行しつつある」というチーム全体の考えを共有していると 京極は言いいます。
  • 「私たちは基本的に、ユーザーが性別について本当に考える必要がないゲームを作りたかったのです。もし性別について考えたいなら、それもできます。」と彼女は言いました。

タイムトラベルについて

  • 開発者はタイムトラベル(システムクロックを微調整することで過去または未来にジャンプする論争の的になる行為で、一部のファンはプレイするのが間違っていると考えています)をゲーム内機能の観点からあまり影響を与えないようにしました。
  • タイムトラベルの問題は依然として存在します。翌週にジャンプするとカブが腐ります。タイムトラベルはお勧めできませんが、京極と野上はそれをチートとは考えません。
  • 「プレイヤーが非常に長い時間プレイし、プレイヤーが友人や家族と経験を共有するためには、旅行せずにプレイすることがおそらく理想的な方法だと思います」と野上は語った。
  • 「季節ごとのすべてのイベントをアップデートで追加することは、タイムトラベルを避けるための手段ではありませんでした。」と京極は語った。「しかし、どうぶつの森は、ユーザーが一年中プレイして楽しむことができるゲームです。」

新型コロナウィルスへの対応について

  • 中国の工場が閉鎖したため、日本での”Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット”の供給は減速していますが、任天堂はこれは北米ではなくその地域に特有の問題だと述べました。
  • 日本の任天堂のオフィスで働いている京極と野上は、グローバルなパンデミックが発売後のコンテンツに与える潜在的な影響に細心の注意を払っています。
  • これらのアップデートの開発は「まだ進行中」であると京極は言いましたが、コロナウイルス危機が悪化した場合、チームは内部で前進するために調整する必要があるかもしれません。
  • 現在、日本の開発チームは毎日オフィスで働いていますが、チームの時間は変更され、従業員がラッシュアワーの列車の交通を避けることができます。
  • 「開発チームの観点から、私は彼らの健康と幸福についても考えなければなりません」と野上は言います。

VIA:washingtonpost

https://www.washingtonpost.com/video-games/2020/03/23/nintendo-explains-philosophy-behind-animal-crossings-big-changes-like-gender-expression-terraforming/

タイムトラベルはチートじゃないけど、おすすめしないよって言っていますね。文章が長くなってしまいましたが、文意が伝わらなそうなので、このままにします。

タイトルとURLをコピーしました