スポンサーリンク

『Xbox Series X コントローラー』は「単3電池2つ」で動きます

既存のXboxコントローラーは、95%の手のサイズに快適に収まるように設計されているそうです。ですから、ほぼデザインは変わらないようです。

真ん中に「シェアボタン」がついて、SNSへ送信しやすくなるそうです。

電源接続部分は、USB-Cポートを採用してますね。Xbox Oneは「プレイ & チャージ キット」で充電ができますが、今回は標準装備のようです。

気になるところは、今回も「単3電池2本」です。1本1900mAhなので2本でかなりの容量です。そして結構重いです。ちなみに、PS4のコントローラーは電池容量が1000mAhで、連続10時間ほど持つそうです。

固定チャージパック、および単3電池に関して、ユーザーに採用意見をとったところ、真っ二つに別れたそうです。そのため踏襲したようですね。リチウム電池は時間とともに劣化しますし。

VIA:Eurogamer

Building Xbox Series X: why Microsoft redefined the console form factor

私はPCでXboxコントローラーを使用していますが、無線から有線に変えたところ、その軽さに驚いたことを覚えています。今回も有線が発売されるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました