『Dead by Daylight』「4.1.0に関するQ&A」公開エラー111・同期エラーに対し仮修正を実施

Behaviour Interactiveは7月31日、『Dead by Daylight』フォーラムで募集した「4.1.0 チャプター間アップデート」に関する質問の中から反響が大きかったものの一部を回答しました。特に、オーラの変更に対しては、戻して欲しいとの意見が散見されます。

開発チームQ&A | 4.1.0 チャプター間アップデート

なぜオーラを変更したんですか?

以前のオーラは技術的な面で私たちの頭痛の種でした。今回のオーラのリワークは、プログラマーチームに綺麗なコードを提供し、オーラシステムをより安定させるのが目的でした。しかしこのリワークにより意図していなかった視覚的な副作用が出てしまいました。現在、皆さんからのフィードバックをもとに見た目の改善に取り組んでいます。長期的な改善策にも取り組んでいますが、その前に近日中に仮の改善を行う予定です。

ヒルビリーのアドオン“母の助っ人”と“黒いグリース”はどのようなアイデアをもとに作られたんですか?

これらのアドオンは、ヒルビリーの固有パーク“不屈”と“光より出でし者”の簡易版を作りたかったため、スタン中や懐中電灯で照らされている間に効果を得られるようにしました。ただこれらのアドオンがあまり人気がないことは認識しています。次回アップデートで他のアドオンと一緒に変更を加える予定です。

専用サーバー側で攻撃の命中を処理するという機能はどうしたんですか?

専用サーバーで攻撃の命中を処理する機能は当初PTBでテスト予定でした。しかし前回のPTBではサーバーの接続先を選ぶシステムに問題があり、多くの人で通信状態の悪化が発生していました。そのためテストは意図した結果をもたらさないと判断し、行いませんでした。今後数週間の間にライブサーバーで期間限定のテストを行い、皆さんからのフィードバックとデータを集めて近い将来にこの機能を完成させたいと思っています!

以前レジェンダリーのセットは独自のアニメーションや効果音をつける予定と言っていましたが、なぜ鬼のミノタウロスはないんですか?

誤解のないよう再度お伝えしますが、「将来的にそういうことを行いたい」としかお知らせしていません。

なぜ“ノックアウト”は基本攻撃でしか発動しなくしたんですか?

 “ノックアウト”が特に強力となる殺人鬼や構成があったからです。パークの効果の差を和らげるために基本攻撃しか発動しないように変更しました。今後も戦績を注視していきます。

10秒ごとにゲームがフリーズするようになってしまいました。なぜですか?

4.1.0アップデートで、フレンドリストの同期が行われるときにゲームが固まる不具合が発生しました。仮の対策としてフレンドリストの同期が行われる間隔を大きく増加させたため、この問題は解消しているはずです。プレイヤー側のアップデートは必要ありません。現在この不具合の根本的な修正に取り組んでいます。もしフレンドリストを更新したい場合、ゲームを再起動することで強制的にフレンドリストを同期させられます。

スキルレーティング制についてです。殺人鬼は個別のレーティングが適用されるとのことですが、新しく登場した殺人鬼はどうなりますか? (例えばゼロから始まる、他の殺人鬼のレーティングを使う、など)

新しくリリースされたかあるいは今までやったことがなかったかに関わらず、初めてプレイする殺人鬼は他の殺人鬼のレーティングに応じて重みづけがされた初期レーティングが設定されます。もし他の殺人鬼のレーティングが高いときは、その初プレイの殺人鬼のレーティングもそれなりに高い状態に重みづけされて始まります。ただ重みづけの結果がどうあれ、10マッチ以内に90%以上の精度でレーティングの基準が設定されます。重みづけを行う目的は、バランスが取れていてかつ楽しいマッチングが可能なレーティングに一刻も早く近づけるようスタートダッシュを行うためです。

Just a moment...

オーラは、処理が重かったのかぁ。

タイトルとURLをコピーしました