スポンサーリンク

『バイオハザード ヴィレッジ』全世界で500万本を突破!

カプコンは10月28日、2021年5月に発売した『バイオハザード ヴィレッジ』の全世界累計販売数が、500万本を突破したと発表しました。10月8日に1,000万本を突破した前作『バイオハザード7 レジデントイービル』を上回るペースで500万本を達成しているとのこと。

以下、プレスリリース。

『バイオハザード ヴィレッジ』が全世界で500万本を突破!
~ シリーズ全体での多面的な展開も貢献し、着実に販売本数を伸長 ~

株式会社カプコンは、マルチプラットフォーム向け「バイオハザード」シリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』を、全世界で500万本販売しましたのでお知らせいたします。
※ダウンロード販売実績を含む

『バイオハザード ヴィレッジ』は、累計1,000万本を突破した『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編であり、プレイヤーは再び主人公のイーサンとなり、娘を救出するために不気味な寒村に挑みます。前作を凌駕するスケール感やホラーゲームの範疇を超えたストーリー性が多くの共感を呼んだことに加え、アクション性や遊び応えのあるプレイボリュームが高く評価されました。また、新世代機と現行機の同時展開を可能にした自社開発エンジン「RE ENGINE」によるフォトリアルな映像表現や、最新のサウンド技術による圧倒的なプレイ体験が支持されたことなどから、前作を上回るペースで500万本を達成しました。
また、ワンコンテンツ・マルチユース戦略のもと、CGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』がNetflixにて全世界で配信中のほか、ハリウッド実写映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の公開や他社コンテンツとの積極的なコラボレーションなど、「バイオハザード」ブランドの25周年に相応しい多面展開にも積極的に取り組んでいます。

当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

【商品概要】

1. タイトル名バイオハザード ヴィレッジ
2. ジャンルサバイバルホラー
3. 対応機種PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC
4. 発売日2021年5月7日
(時差により日本は2021年5月8日)

※”PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※©2020 Microsoft. Microsoft、Xbox、Xbox Live、Xbox One および Xbox 関連ロゴは、米国 Microsoft Corporationおよび/またはその関連会社の商標です。

【「バイオハザード」シリーズについて】
当シリーズは、武器やアイテムを駆使し惨状からの脱出を試みるサバイバルホラーゲームです。1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数1億本を超える当社の代表的なコンテンツであり、登場から25年以上経過した今なお、世界中から熱狂的な支持を集めています。

バイオハザード ヴィレッジ』が全世界で500万本を突破!
株式会社カプコンは、マルチプラットフォーム向け「バイオハザード」シリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』を、全世界で500万本販売しましたのでお知らせいたします。

カプコンハロウィンセール

株式会社カプコン:CAPCOM WORLD JAPAN
ゲームというエンターテインメントを通じて「遊文化」をクリエイトする株式会社カプコンのウェブサイト。ゲーム情報サイトをはじめ企業情報サイト、ネットショッピング、ファンサイトなど、さまざまなサービスについても紹介しています。

おめでとうございます!

”9”のシナリオはどうなるのかなぁ

PlayStation 5 (CFI-1100A01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
タイトルとURLをコピーしました