スポンサーリンク

『Call of Duty』チート対策システム「RICOCHET Anti-Cheat」導入発表!

Activisionは10月14日、『Call of Duty』にチート対策システム「RICOCHET Anti-Cheat」を導入すると発表しました。本アンチチートセキュリティ機能は、『Call of Duty: Vanguard』と一緒にローンチされ、今年後半には『Call of Duty: Warzone』に向けてPacificアップデートで提供されます。特徴としては、カーネル*レベルのドライバで機能するとのこと。

*アプリケーションと、ハードウェア(CPU、メモリ、デバイスなど)との間に位置

以下に、一部抜粋

機能

RICOCHET Anti-Chatシステムの一部であるPC用カーネルレベルドライバーは、『Call of Duty: Warzone』に相互作用しようとするソフトウェアやアプリケーションを監視します。このドライバーは、RICOCHET Anti-Cheatチームが不審な行動について学習するのに役立ち、そのデータを使用して、時間をかけてアンチチートのセキュリティ全体を強化します。

プライバシー

プレイヤーのプライバシーを守ることは非常に重要であり、カーネルレベルのドライバーを導入することに躊躇するプレイヤーもいるかもしれません。RICOCHET Anti-Cheatではプライバシーがどのように影響を受けない状態に保たれるかをご説明します。

  • RICOCHET Anti-CheatのカーネルレベルドライバはCall of Duty: WarzoneをPCでプレイしている間「のみ」動作します。
  • RICOCHET Anti-Cheatのドライバは常にオンの状態になっているわけではありません。
  • RICOCHET Anti-Cheatのドライバが監視するのはCall of Duty: Warzoneとインタラクションを行うソフトウェアやアプリケーションです。
  • Call of Duty: Warzoneをシャットダウンする際にドライバはオフになります。

詳細は、以下でご確認ください。

Announcing Ricochet: A New Anti-Cheat Initiative for Call of Duty
RICOCHET Anti-CheatはWarzone™とVanguardにおける不正なプレイに対抗します。新たなカーネルレベルドライバが先行してCall of Duty: Warzoneに実装されます。
タイトルとURLをコピーしました