スポンサーリンク

ファミ通 ソフト&ハード週販数:『遊戯王ラッシュデュエル』9.6万本で初登場1位!!PS5は9,056台、Xbox Series X|Sは1,256台【8/9~8/15】

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) Switch 遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!
96297本(累計96297本)/KONAMI/2021年8月12日

2位(前回6位) Switch 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~
21974本(累計232万2950本)/KONAMI/2020年11月19日

3位(前回1位) Switch Minecraft
21395本(累計212万3808本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日

4位(前回4位) Switch マリオカート8 デラックス
21263本(累計397万9328本)/任天堂/2017年4月28日

5位(前回5位) Switch リングフィット アドベンチャー
21063本(累計275万5294本)/任天堂/2019年10月18日

6位(前回2位) Switch ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD
13472本(累計24万7696本)/任天堂/2021年7月16日

7位(前回3位) Switch クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~
13434本(累計16万9708本)/ネオス/2021年7月15日

8位(前回8位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
12956本(累計438万529本)/任天堂/2018年12月7日

9位(前回10位) Switch ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング
12857本(累計21万2957本)/任天堂/2021年6月11日

10位(前回11位) Switch スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド
12715本(累計84万9280本)/任天堂/2021年2月12日

※11位より下の数値は、“ゲーム販売本数ランキングページ”にて2021年8月20日以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch/75546台(累計1684万5143台)
  • Switch Lite/14186台(累計400万9680台)
  • PS5/7143台(累計80万3906台)
  • PS5 デジタル・エディション/1913台(累計15万8883台)
  • Xbox Series X/822台(累計51161台)
  • Xbox Series S/434台(累計20684台)
  • PS4/1170台(累計780万2981台)
  • Newニンテンドー2DS LL/539台(累計117万274台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2021年8月9日~8月15日。

【ソフト&ハード週間販売数】『遊戯王ラッシュデュエル』が初登場で首位に! Switch Liteは累計400万台を突破【8/9~8/15】 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
ファミ通発表の売上ランキング。今回は2021年8月9日~8月15日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

・ソフトは、 『遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!! 』が初登場1位を達成、約9.6万本売り上げて2位と大差をつけています。早期予約特典や、カード3枚初回生産限定特典の影響もあるのかな。8月に入ってからは、全体的に売上本数が少なく、今週のランキングもSwitchタイトルで埋め尽くされたままです。

・ハードは、Switch/Liteが約9万台(前週比 +約2.7万)。有機EL版の発表以降、週次7万台前後を維持していましたが、再び10万台前後になりそうな勢い。

PS5/DEは9,056台(前週比 -4,474)。週次2万前後だったのが、再び1万を割りました。あと2ヶ月で発売から1年ですが、出荷台数累計100万台前後と予想され、日本でのシェアはほとんどありません。日本向けタイトルを開発する会社はどうするんだろう。

Xbox Series X|Sは1,256台(前週比 +186)。今後、PC(Win10)のXboxアプリに注目しています。

・先週、SwitchタイトルがTOP30を独占。1988年11月以来33年ぶりとなる単一ハードでの快挙となりました。ちなみに、日本よりも海外メディアがざわついていました。今週はどうなるか。

タイトルとURLをコピーしました