スポンサーリンク

Nvidia『レインボーシックス シージ』で「NVIDIA Reflex」による遅延削減の効果を公開!

Nvidiaは、”低システム遅延”機能「NVIDIA Reflex」について、『レインボーシックス シージ』を例に効果測定を公開しています。

「NVIDIA Reflex」とは、Maxwell以降のGPUで利用可能なレイテンシ低減技術で、ゲーム側もNVIDIA Reflex SDKを実装している必要があります。

動画で注目すべきは、”360Hz+Reflex On”。反応が桁違いに速い。どちらかというと、360Hzの恩恵が大きいようにも見えますが、モニタは24inchで9万円弱ですし、RTX3080も高騰しているので、おいそれと手が届きません。

『レインボーシックスシージ』

NVIDIA GeForce が支える『レインボーシックス シージ』の低システム遅延 – スローモーション検証映像

『Apex Legends』もあったのでご参考に

NVIDIA GeForce が支える『Apex Legends』の低システム遅延 – スローモーション検証映像

「NVIDIA Reflex」の仕組みと設定方法

「NVIDIA REFLEX」の仕組みと設定方法 (日本語字幕付き)
ミリ秒単位で決まる勝利
フレームがゲームを制する。NVIDIA GeForce RTX 30 シリーズ グラフィックス カード。

札束で殴り合う世界なのかも。

タイトルとURLをコピーしました