スポンサーリンク

『モンスターハンターライズ』新クエスト「百竜夜行」を開発者が解説!

カプコンは、「狩猟解禁直前!モンスターハンターライズ デジタルライブイベント 2021.3.9」にて、『モンスターハンターライズ』新クエスト「百竜夜行」を実機プレイ動画で約20分にわたり紹介しています。

「百竜夜行」は押し寄せるモンスターから砦を防衛する、いわゆる”タワーディフェンス型”のゲームとなっています。砦の奥にある関門を破られると”失敗”となり、すべての群れが終了するまで砦を防衛するか、群れの最後に登場する「ヌシ」と呼ばれるモンスターを倒すと”クエストクリア”になるとのこと。

実機プレイ「百竜夜行」紹介(39:18​~)

狩猟解禁直前!モンスターハンターライズ デジタルライブイベント 2021.3.9

百竜夜行

モンスターの群れからカムラの里を防衛する新クエスト。狩猟設備を駆使し、時にはハンター自ら武器を振るい、クエストクリアを目指せ!

百竜夜行とは、複数のモンスターと、それらを率いる大物で構成された【群れ】の大襲来である。「大物」は、その名が示すようにサイズがかなり大きく、強力な相手となる。

舞台となるフィールド

「翡葉の砦」

50年前、百竜夜行によって壊滅寸前にまで追い込まれたカムラの里。二度とこの悲劇を繰り返すまいと、技術を結集して築かれたのが翡葉の砦である。

ハンターは、里の仲間たちと心をひとつにして、この砦で災禍に立ち向かう。堅固な防壁と数々の狩猟設備を駆使して、モンスターの猛襲から故郷を護り抜かなければならない。

多彩な狩猟設備

クエスト中は、百竜夜行に対応するために造られた専用の狩猟設備が利用できる。モンスターの群れが侵攻してくるまでの準備時間などを利用して、フィールド各所にある設置台に設置しよう。

  1. 【搭乗型】「バリスタ」や「大砲」など、プレイヤーが操作する設備
  2. 【自動型】近づくモンスターを迎撃する「里守バリスタ」など、条件に応じて自動で機能する設備
  3. 【制限型】双子の受付嬢が救援する「ヒノエ&ミノト」など、設置回数に制限がある設備

ヒノエとミノトが息の合った連携攻撃で救援。里の危機に仲間たちと共に立ち向かう、百竜夜行ならではの体験だ。

モンスターの撃退などで、砦レベルを上げることができる。
砦レベルを上げると新たな狩猟設備が設置可能に。大量の弾を撃ち出せる「速射砲」などが加わり、防衛を有利に進められる!

「撃龍槍」や「破龍砲」といった強力な設備も存在する。
一度使用すると再利用までにしばらく時間がかかるが、ここぞという場面で活用すればモンスターを退ける有効な手段となるだろう。

反撃の狼煙

「反撃の狼煙」が上がると、ハンターたちの闘志が燃え上がり、攻撃力が大幅に上昇する。武器による撃退のチャンスだ!

「反撃の狼煙」は百竜夜行の途中で発動する他、フィールド上の「反撃のドラ」を使用することで任意のタイミングで狙うことも可能。

強力な個体「ヌシ」

百竜夜行を防衛する砦に突如出現した、「ヌシ」なる呼び名を冠するアオアシラ。
嵐に巻き込まれたかのような全身の傷跡、怒りと恐怖に支配されたかのような雄叫び…その様子は、明らかに尋常ではない。
カムラの里の人々の動揺から、通常のアオアシラとは比較にならない圧倒的な脅威であると推測される。

モンスターハンターライズ | CAPCOM
ハンティングアクションに新風を巻き起こす『モンスターハンターライズ』がNintendo Switchに登場!
タイトルとURLをコピーしました