スポンサーリンク

『Nintendo Switch』2020年日本で販売された家庭用ゲーム機の”87%”を占めました

gamesindustry.biz 誌は、ファミ通による昨年の年間レポート分析したところ、Nintendo Switchが、日本で販売された家庭用ゲーム機の約87%を占めていたと伝えています。

昨年、日本で600万台近くのNintendo Switchが販売され、2019年と比較して30%の増加となりました。

任天堂が市場を席巻。昨年、Switchが、販売された家庭用ゲーム機全体の87%を占めました(全体では685万台販売)。Switch 通常版 が390万台であったのに対し、Switch Liteは200万台強が販売されました。

この家庭用ゲーム機は、昨年、販売台数 54.3万台強(筆者注:7.9%)だったPS4を大きく引き離しており、PS5に至っては、現在25.5万台強(筆者注:3.7%)でした。

(ちなみに筆者調べで、Xbox Oneは0.1%、XboxSeriesX|Sは0.5%、ニンテンドー3DSが0.9%)

ファミ通のデータによると、日本のゲーム市場は35億ドル(約3,630億円)を超え、2019年比12.5%増となっています。最大の成長分野は家庭用ゲーム機本体で、16.4%増の18億ドル(約1,870億円)、パッケージ版の売上は9%増となっています。ファミ通によると、両分野が成長したのは2017年以来です。

(中略)

2020年のビデオゲームトップ10(パッケージ版)

ランキングタイトル販売本数
1あつまれ どうぶつの森(任天堂)6,378,103
2リングフィットアドベンチャー(任天堂)1,591,366
3桃太郎電鉄:~昭和 平成 令和も定番!~!(コナミ)1,233,023
4ファイナルファンタジーVII:リメイク(スクウェア・エニックス)949,379
5ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモンカンパニー)892,456
6マリオカート8:デラックス(任天堂)798,174
7大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(任天堂)560,122
8Minecraft:Switch Edition(Microsoft)556,982
9世界のアソビ大全51(任天堂)519,649
10スーパーマリオ3Dコレクション(任天堂)492,620

(筆者注:PS4タイトルは4位『FF7R』のみ)

Source: gamesindustry.biz

Nintendo Switch accounted for 87% of consoles sold in Japan last year | Japan Annual Report
Famitsu/KADOKAWA data shows that Nintendo held almost 50% of boxed game sales in 2020

2020年、日本のゲーム市場全体は、前年比12.5%増。思ったより伸びていないような。そして、昨年Switchの購入割合を警戒して、次世代機(PS4/Xbox Series X|S)は、日本への割合を減らされたのかなぁ。

USのデータを確認したら、全体27%、ハードは35%アップでした。減らされるわけだ。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~
コナミデジタルエンタテインメント
タイトルとURLをコピーしました