スポンサーリンク

【Switch】『A列車で行こう はじまる観光計画』2021年発売決定!

アートディンクは10月29日、都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A 列車で行こう はじまる観光計画』をNintendo Switchにて、2021年に発売すると発表しました。本作では、タイトルとおり「観光地開発」という新たな街づくりが加わるとのこと。2月12日に、ツイッターにてNintendoと打ち合わせで京都駅の写真をアップして以来、音沙汰なかったけれども、ようやく発売決定です。

A列車で行こう はじまる観光計画

A列車で行こう はじまる観光計画 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10]

鉄道会社の社長となり、線路を敷いて鉄道を走らせ、街を発展させていく……。「A列車で行こう」とは、都市開発、鉄道運営、会社経営の3要素を楽しむ、都市開発鉄道経営シミュレーションゲームです。 

都市開発
鉄道運営
会社運営

線路を敷き、列車を走らせることで駅から駅への人の流れが生まれます。駅前に高層ビルやでデパートが建設されると街がさらに大きくなり、鉄道の利用者も増えます。

そうして得た収益で鉄道網を整備したり、沿線に住宅地や娯楽施設などの子会社を建てたり、さらにはバスやトラックなどの交通機関の運営まで踏み込むことで、マップ全体が巨大都市へと発展していきます。 

新テーマ「観光」

『A列車で行こう はじまる観光計画』は、シリーズおなじみの要素に、「観光」というテーマが加わり、新たな街づくりが楽しめるようになりました。

昔ながらの街並みや、温泉などの資源を生かして、観光地を創り出すことができます。

もちろん都市部では、大型テーマパークや巨大タワーなどの観光施設を建設し、都市型観光地として発展させることもできます。

列車カスタマイズ

都市部や観光地など、街の風情に合った列車を運行させることができ、情緒豊かな街並みを楽しむことができます。

地形や会話、クリア条件を編集

自由にマップ作りが楽しめます。作ったマップを公開したり、他のプレイヤーのマップをダウンロードして遊ぶこともできます。

シリーズ最新作『A列車で行こう はじまる観光計画』が、Nintendo Switchで2021年発売。 | トピックス | Nintendo
35周年を迎える都市開発鉄道シミュレーション「A列車で行こう」シリーズ最新作『A列車で行こう はじまる観光計画』が、Nintendo Switchで2021年に発売されます。まずは

Switchで遊べる!

タイトルとURLをコピーしました