スポンサーリンク

『Risk of Rain 2』PS4/XboxOne/Switchに向けて”5番目の大型アップデート”10月20日配信!Ver1.0に!パッチノート公開

Gearboxは10月20日、ローグライクTPS『Risk of Rain 2』のコンソール版(PS4/XboxOne/Switch)に向けて、5番目となる大規模アップデートVer.1.0をリリースしました。

今回のアップデートでは、ゲームのエンディングシークエンスに焦点を当て、プレイヤーの行動力+ビルドの多様性をもたらしているとのこと。先行して8月11日に1.0となったPC(Steam)版によると、今後、DLCを年1~2回、”Void/Imp 拡張”などテーマに沿ってリリースしたいそうです。

本作へのアクセスが多いので、パッチノートを訳そうと思いましたが、やはり名詞の正式名称がわからず、以下に、機械翻訳をそのまま置いておきました。ご参考まで。

Risk of Rain 2 Console 1.0 Update

====主なコンテンツと変更点====

  • 追加されたシステム:ゲーム終了
    • ゲームには、クレジットとカットシーンを含む適切なエンディングが含まれるようになりました。
  • 追加されたシステム:イントロカットシーン
    • ゲームにイントロカットシーンが含まれるようになりました!
  • 新しいサバイバーを追加しました
    • 新しい生存者:キャプテン
  • 新しいステージを追加しました
    • 新しい最終ステージ:???
  • 4つの新しい音楽トラックを追加しました
    • 新しいトラック:雲の切れ間から、暗く
    • 新しいトラック:…con lentitud poderosa
    • 新しいトラック:もっと大きなウクレレが必要になる
    • 新しいトラック:Lacrimosum
  • 新しいサバイバースキンを追加しました
    • 新しいサバイバースキン:キャプテンスキン
  • 2つの新しいモンスターを追加しました
    • 新しいモンスター:???
    • 新しいモンスター:???
  • 新しいボスを追加しました
    • 新しい最終ボス:???
  • 新しいInteractableを追加しました
    • 新しいインタラクティブ:スクレーパー
  • ゲームに7つのアイテムと3つの装備を追加しました
    • 新規アイテム:アイテムスクラップ(白、緑、赤、黄色)
    • 新しいボスアイテム:溶けた穴あけ器
    • 新しいボスアイテム:Shatterspleen
    • 新しいボスアイテム:Mired Urn
    • 新しい月のアイテム:反抗的なガウジ
    • 新しい月のアイテム:Mercurial Rachis
    • 新しい月のアイテム:純度
    • 新しい機器:スーパーマッシブリーチ
    • 新しい機器:ゴラグの作品
    • 新しい機器:許してください
  • ゲームに3つのキャラクターチャレンジを追加しました
  • 新しいキャプテンチャレンジ:キャプテンマスタリー
  • 新しいキャプテンチャレンジ:ワンダーラスト
  • 新しいキャプテンチャレンジ:すべてのペニーの価値
  • ゲームに3つのチャレンジを追加しました
    • 新しい挑戦:私は死ぬのが大好きです!
    • 新しい挑戦:洗い流された
    • 新しい挑戦:落ち着き
  • ゲームに36の伝承エントリを追加しました
    • 新商品伝承エントリー:溶けた穴あけ器
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:Shatterspleen
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:Mired Urn
    • 新アイテムロアエントリー:スーパーマッシブリーチ
    • 新アイテム伝承エントリー:ゴラグの作品
    • 新作伝承エントリー:許してください
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:Soulbound Catalyst
    • 新アイテム伝承エントリー:弾帯
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:クラウドファンディング
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:古いギロチン
    • 新作伝承エントリー:翡翠象
    • 新アイテムロアエントリー:ブラストシャワー
    • 新商品伝承エントリー:レプトンデイジー
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:正義の粉砕
    • 新商品伝承エントリー:トパーズブローチ
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:眼のHUD
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:不安定なテスラコイル
    • 新商品伝承エントリー:ミルキークリサリス
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:Will-o’-the-wisp
    • 新しいアイテムの伝承エントリ:節くれだったウッドスプライト
    • 新アイテムロアエントリー:ハルシオンシード
    • 新商品伝承エントリー:純度
    • 新アイテム伝承エントリー:輝く隕石
    • 新アイテム伝承エントリー:プレオンアキュムレータ
    • 新作伝承エントリー:イージス
    • 新しいモンスター伝承エントリ:クレイデュネストライダー
    • 新しいモンスターの伝承エントリ:合金のハゲタカ
    • 新しいモンスター伝承エントリー:インプ
    • 新しいモンスターロアエントリー:ボイドリーバー
    • 新しいモンスター伝承エントリ:???
    • 新しいモンスター伝承エントリ:???
    • 新しいモンスター伝承エントリ:???
    • 新しいステージの伝承エントリ:???
    • 新しいキャラクターの伝承エントリ:ハントレス
    • 新しいキャラクターの伝承エントリ:キャプテン
    • 新しいキャラクターの伝承エントリ:MUL-T

====ゲームプレイの変更====

一般

  • ブリードは、そのターゲットの既存のブリード期間をすべて更新するようになりました。これは敵とプレイヤーの両方に影響を及ぼし、出血の仕組みに大きな変化をもたらします。
  • すべての難易度の難易度が時間の経過とともに+ 10%増加しました。
  • 開発者向けメモ:このアップデートでは、大量のアイテムを強化しました。また、実行の進行に合わせて、プレイヤーにさらに多くのエージェンシーを提供しました。私たちの目標は、プレイヤーがゲームにもっと関与することです。私たちが望んでいないのは、ゲームが突然はるかに簡単になることです。これはちょっとしたサニティチェックであり、難易度を劇的に変えるべきではありません。
  • OSPを少し作り直しました。目標は、矛盾を修正し、実際にワンショットから保護すると同時に、いくつかの虐待事件を呪いで修正することです。
    • OSPのしきい値が、かすかなグラフィックでヘルスバーに表示されるようになりました。
    • 有効にすると、0.1秒の持続時間が残ります。
    •  現在、呪い(Shaped Glass、Artifact of Glassなど)を介して差し引かれます。つまり、10%の呪いはOSPを完全に削除します。
    •  OSPロジックを更新して、同じフレームでOSP値を超える複数の損傷源、つまりマラカイトレッサーウィスプを受け取った場合でもトリガーされるようにします。

エリート

  • ブレイジング、オーバーロード、グレイシャル
  • ヘルスボーナス:470%⇒400%
  • マラカイト、セレスティン
  • ヘルスボーナス:2350%⇒1800%
    開発者向けメモ:エリートヘルスは常に少し肥大化したと感じているというフィードバックがたくさんありました。その後、オールドギロチンが必要だと感じました。私たちの意図は、キャラクターがオールドギロチンに依存することを減らし、エリートの憎しみのアイテムのように感じさせることであり、全体的なDPSアイテムのように感じさせることです。

生存者

  • モビリティスキルは「スプリント」と見なされ、スプリントスピードマルチプライヤーでスケーリングし、使用後にスプリントも行います。
  • 近接サバイバー
    •  近接スキルは、高い攻撃速度でより一貫して実行されるようになります。
    • 近接スキルは、攻撃速度に応じてヒットポーズ期間をスケーリングするようになりました。敵を攻撃するときの一時停止は静的であったため、近接キャラクターは実際には攻撃速度に応じてスケーリングが不十分でした。
    • 近接スキルは、高い攻撃速度であなたを空中に「保持」します。
  • 「キーワード」システムを追加しました。キーワードは、毎回説明することなく、一般的な繰り返しの行動を説明するための単なる単語です。次のキーワードを追加しました。
    • 凍結
    • 見事な
    • ショッキング
    • 有毒
    • 再生
    • アジャイル
    • HPの割合
    • ソニックブーム
    • 弱める
    • 公開する
    • ヘビー

MUL-T
開発者向けメモ:MUL-Tは、このパッチからいくつかの愛を得て、彼の武器が特定の役割に強いという考えを本当に推し進めています。武器の交換時間の短縮と応答性の高いアクションにより、(うまくいけば)武器の交換がより快適になります。また、確かに時間の経過とともにクールダウンが忍び寄り、MUL-Tは少し取り残されたと感じました。

  • 基本加速度:25⇒30
  • 鉄筋パンチャー
    • 発射前ではなく、発射後に充電するようになりました
  • スクラップランチャー
    • 手榴弾ではなくロケットのように動作するようになりました
    • 寿命:3秒⇒4秒
    • 爆発半径:5m⇒7m
    • 速度:70m /s⇒100m/ s
  • ネイルガン
    • 6本の釘の最初のショットガンはもうありません
    • これで12本の釘の最終ショットガンができました
    • 一貫したコルク栓抜きパターンで発砲します
    • Proc係数:0.4⇒0.6
    • ダメージ:60%⇒70%
    • ワインドダウン時間:0秒⇒1.152秒
  • リツール
    • スワップ時間:0.7秒⇒0.4秒
  • 輸送モード
    • クールダウン:8秒⇒6秒

傭兵
開発者ノート:傭兵は常に最高のスキルキャップサバイバーであると想定されていました。しかし、実際のゲームプレイでは、M1を押しながらクールダウンから直接能力を使用して、彼は非常にフローチャートになりました。これらすべての変更の目的は、新しい「露出」デバフとの戦いで、スキル表現、動的なクールダウン、およびより高いリスク対報酬を可能にすることです。キャラクターは上級者には強くなりますが、新しいプレイヤーには弱くなることが期待されています。

  • 基本体力:140(レベルごとに+42)⇒110(レベルごとに+33)
  • 基本再生:2.5ヘルス/秒⇒1ヘルス/秒
  • 新しいデバフ:公開
    • 露出したターゲットを攻撃すると、すべてのクールダウンが1秒短縮され、追加の+ 350%の基本ダメージが与えられます。
  • レーザーソード
    • サードストライクダメージ:300%⇒130%
    • 3番目のヒットが「露出」デバフを適用するようになりました
    • コンボの2番目と3番目のヒットは、他の攻撃の途中で開始できなくなりました
  • 旋風
    • 対地速度乗数:6⇒8
  • 盲目の暴行
    • クールダウン:7秒⇒8秒
    • WhirlwindとRisingThunderの両方による攻撃の途中でキャンセルできるようになりました
  • 風をスライスする
    • 最後のヒットで「露出」デバフが適用されるようになりました

Acrid
開発者向けメモ:Acridは常に近接範囲のハイブリッドでした。よりアグレッシブなプレイスタイルを楽しんでいるプレイヤーのために、近接攻撃に参加し、M1コンボを完了することでより多くの報酬が必要です。

  • 新しいバフ:再生
    • 0.5秒間で10%のヘルスで再生します。
  • 悪質な傷
    • コンボの3回目のヒットで「再生」バフが付与されるようになりました
  • 貪欲なかみ傷
    • 「再生」バフを付与するようになりました
  • 熱狂的な飛躍
    • 今(適切に)気絶

Artificer
開発者ノート:高ダメージ、高AoEキャラクターとしてのArtificerの役割を強化したいと思います。ナノボムは一般的にファンタジーの中核でしたが、あらゆる点でナノスピアよりもかなり劣っていました。

  • プラズマボルト
    • 爆風半径:4m⇒6m
  • 帯電したナノ爆弾
    • 今はわずかな重力を持っています
    • 爆風半径:10m⇒14m
    • 爆風ダメージ、最大チャージ:1200%⇒2000%
    • 爆風:1300⇒3000
    • 寿命:5秒⇒10秒
    • 明確にするための改善されたFX

イオンサージ

  • 爆風の端で-75%のダメージフォールオフがなくなりました

アイテム

  • モンスターの歯
    • 回復:8(スタックごとに+8)⇒8
    • 最大体力の2%(スタックあたり+ 2%)も回復します
  • Medkit
    • 回復:24(スタックあたり+24)⇒20
    • 最大体力の5%(スタックあたり+ 5%)も回復します
  • 反発装甲板
    • 環境への影響によるダメージを適切に軽減する
  • ウォーバナー
    •  テレポーターをアクティブ化するときにウォーバナーも配置するようになりました
    • VFXは常にテレポーターの近くにあるため、不透明度が低くなるように改善します
  • 死印
    • デバフ期間:7秒⇒7秒(スタックあたり+ 7秒)
    • ダメージボーナスがスタックに比例することを示すテキストを削除します
  • 古いギロチン
    • 実行しきい値:〜20%(スタックあたり+ 20%)⇒13%(スタックあたり+ 13%)
      開発者注:エリートのヘルスを全面的に再調整したため、ギロチンは次のように適切に再調整する必要があります。上手。
  • Runald’s / Kjaro’s Band開発者注:2つのリングは、ヒットのチャンスではなく、内部のクールダウンを回避
    するために、少し手直しされています。これにより、「ヒットした」アイテムの1つを多様化して、敵を攻撃したり、物事が活性化することを期待したりするだけではないことを願っています。また、Kjaroの動作をAoEオプションに変更しましたが、Runaldは単一のターゲットオプションです。
    • Proc Chance:8%⇒100%
    • 10秒の内部クールダウンがあります
    • 400%以上のダメージを与える攻撃でのみトリガーする最小しきい値が追加されました
    • ルナルドのバンド
      • アイスブラストダメージ:250%(スタックあたり+ 125%)⇒250%(スタックあたり+ 250%)
      • アイスデバフ持続時間:3秒⇒3秒(スタックあたり+ 3秒)
    • Kjaroのバンド
      • 火竜巻ダメージ:500%(スタックあたり+ 250%)⇒300%(スタックあたり+ 300%)
      • ファイアトルネードヒットボックス幅:4.8m⇒13m
      • もう動かない
  • H3AD-5T v2
    • 落下速度を計算するためのロジックを作り直し、さらに落下しながらより適切にスケーリングできるようにしました。現在、次の動作があります。
      • ダメージ係数:最高速度で1000%-10,000%
      • 爆発半径:最高速度で5m〜100m
      • 改善されたFX
  • 星間デスクプラント
    • 回復半径:3m(スタックあたり+ 1.5m)⇒5m(スタックあたり+ 5m)
    • 回復:1秒ごとに最大ヘルス5%⇒0.5秒ごとに最大ヘルス5%
  • 乳白色のクリサリス
    • ジャンプしてホバーする代わりに、真の飛行と反重力を付与するようになりました。
    • ジャンプを押すと、0.5秒のクールダウンで移動方向に短いダッシュが実行されます。
  • 異端の歩み
    • もはや戦闘に参加しません
  • ヘルファイアチンキ
    • ヘルファイア半径:10m⇒15m
    • ヘルファイア持続時間:8秒⇒12秒
    • VFXとSFXを改善する
  • 悲しみの肖像
    • 足元ではなく、狙っている場所に配置されます
    • 使用時に消費されなくなりました。
    • 現在、マップごと、キャラクターごとに5つに制限されています。
  • リトルディシプル
    • 発射速度:0.5秒⇒1.6秒
    • ダメージ係数:100%(スタックあたり+ 100%)⇒300%(スタックあたり+ 300%)
    • 発射速度は移動速度に比例するようになりました

ステージ
* 3Dプリンターは、すべてのステージでより頻繁に表示され、最大50%多くなります

  • 3Dプリンターは、すべてのステージでスポーンするのにかかるコストが最大50%少なくなります
  • 新しいインタラクティブなScrapperがすべてのステージに表示されるようになりました
  • タイタニック平原
    • 新しいビジュアルで更新して、気のめいるようにします
      *** Sky Meadow **
    • 最終段階につながる新しいビジュアルと機能で更新します
  • 時間の間のバザール
    • 基本ポータルチャンス:最初のポータルで25%⇒最初のポータルで37.5%
    • 月のつぼみ:4⇒5

モンスターとボス

  • ミニマッシュラム
    •  基本体力:360(レベルごとに+108)⇒290(レベルごとに+87)
    •  基本体力:1200(レベルごとに+360)⇒900(レベルごとに+270)
  • 少ないウィスプ
    • 中断されたときに攻撃音の充電を適切に停止するようになりました
  • インプオーバーロード
    • 最大点滅距離:600m⇒300m
    • 一度にではなく、千鳥状にボイドスパイクを投げるようになりました
  • マグマワーム
    • 最大「点滅」距離:600m⇒300m
    • かなりアグレッシブになり、ターゲットを攻撃できるようになりました
      開発者向けメモ:ImpOverlordとMagmaWormの両方の点滅動作により、プラットフォーム間でプレイヤーを追跡できますが、多くの場合、ボスがマップ上で点滅して攻撃しますドローンとタレット。彼らはまだそれをしているかもしれませんが、それは少し目立たないでしょう。
  • ボイドリーバー
    • 今度はそのボイド爆弾をそのターゲットに対して直線でリードしようとします
    • ターゲットが近すぎる場合に、より積極的に発砲し、バックペダルを実行するようにAIを更新しました
    • AIの視界は360°になりました
  • バイソン
    • スポーン効果とアニメーションを追加します(ついに!)
Risk of Rain 2 Console 1.0 Update
Risk of Rain 2 Console 1.0 Update Hey there! This is the fifth major content update for Risk of Rain 2 on the PlayStation 4, Xbox One, and Nintendo Switch, mar...

開発はHopoo Games社!おめでとうございます!

タイトルとURLをコピーしました