『Dead by Daylight』ハロウィンイベント2020「不滅の胴枯れ病」10月22日から開催!2種の新生存者アイテム用アドオン、初の殺人鬼共通アドオン登場!

Behaviour Interactiveは、10月22日から11月4日まで、『Dead by Daylight』にて「ハロウィンイベント2020」を開催すると発表しました。2種の新しい生存者アイテム用アドオンや、初の殺人鬼共通アドオンが登場するとのこと。

本記事では、10月22日から開催予定のハロウィンイベント『不滅の胴枯れ病』についてご紹介します。

※本記事に掲載されている情報は開発中のものです。イベント開始時、またはその後に変更されることがあります。

ハロウィンイベント2020について

今回のイベントは、2018年から語られてきた「錬金術師」、今や殺人鬼ブライトと化した男の物語の締めくくりとなります。過去のストーリーがわからないという方も安心してください。過去に公開したハロウィンイベント関連のムービーはアーカイブで視聴可能になります。

イベント内の目標は昨年の『容赦なき破滅』イベントと同じようにアーカイブと一体となっていますが、前回と違い、今回は2018年の『神聖なる疫病』イベントで登場した『臓器の潰瘍』が2年ぶりにマッチ内に登場します。

臓器の潰瘍、ふたたび

学術書Vには、生存者が挑戦できる『臓器の潰瘍チャレンジ』が登場します。

これを選択した状態でマッチを開始するとマップ上に『臓器の潰瘍』が出現します。臓器の潰瘍チャレンジは臓器の潰瘍から花蜜を回収することが目標となり、無事回収するとブラッドポイントも獲得することができます。

ハロウィン専用ロビー

すでにロビーは“Descend Beyond”チャプターのものとなっていますが、これに加えてイベント期間中はハロウィンのカボチャで飾り付けを行います。

パチュラの花弁、ふたたび

また、イベント期間中は専用オファリング『パチュラの花弁』がブラッドウェブに出現します。

イベント期間中はマップ上にハロウィン専用のフックや発電機が1台ずつ出現しますが、パチュラの花弁を使用すると1台ずつ出現数を増加させることができます。ハロウィン専用フックに生存者を吊るす、あるいはハロウィン専用発電機を修理すると追加のブラッドポイントを取得できますし、オファリングを使用した本人はより多くのブラッドポイントを獲得できます。

ハロウィン専用アイテム復活、そして新アドオン登場

過去のイベントで登場した生存者用アイテム『ハロウィンのランチボックス』『ウィル・オ・ウィスプ』がブラッドウェブで再び出現するようになります。

さらに、今回のイベントでは2種の新しい生存者アイテム用アドオンが登場します。

医療キット用アドオン『精製された血清』

  • 医療キットで治療中にセカンダリアクションボタンを押すと精製された血清を使う。
  • 生存者の移動速度が20秒間そこそこ上昇する。生存者の背後に疫病の痕跡が発生する。

懐中電灯用アドオン『壊れた電球』

  • 懐中電灯の光が点滅するようになる。
  • 光の明るさがそこそこ増加する。目眩ましの持続時間がそこそこ増加する。不気味さがそこそこ増加する。重複する。

ハロウィンアイテムと同じく期間限定でブラッドウェブに出現するため、ぜひ入手しましょう。

初の殺人鬼共通アドオン登場

アドオンが追加されるのは生存者だけではありません。今回、Dead by Daylightで初となる殺人鬼の共通アドオンが登場します。

殺人鬼共通アドオン『ブライトの血清』

  • アビリティ「破滅の突進」に使うためのトークンを1つ解放する。生存者がフックに吊るされると1トークンがチャージされる。
  • 能力ボタンを押して破滅の突進を発動させると、高速で前方にダッシュして1トークンを消費する。破滅の突進中は攻撃することができない。
  • ※ブライトの血清は、殺人鬼ブライトが使用すると別の効果となる。

アドオン『ブライトの血清』はすべての殺人鬼のブラッドウェブに出現します。こちらもぜひ入手しましょう。

ハロウィン限定魔よけ配布

イベント期間中ログインボーナスとして魔よけを皆さんに1個プレゼントするほか、他に3種の魔よけをどこかで配布予定です。公式TwitterなどのSNSをフォローしてお知らせを見逃さないようにしてください!

新たな神聖コレクション

2018年の『神聖なる疫病』コレクション、2019年の『神聖なる触媒』コレクションに続き、今年も新たな神聖コレクションをゲーム内ストアに用意しています。どのキャラクターのどんなスキンになると思いますか?

ハロウィンイベントは10月22日から11月4日まで開催予定です。お楽しみに!

Just a moment...
タイトルとURLをコピーしました