『Xbox Series X|S』「下位互換機能」について公開!Auto HDR、高速フレームレート、強化されたビジュアルなど

マイクロソフトは10月14日、次世代機「Xbox Series X|S」における下位互換性に関する機能を公開しました。本機は、過去3世代(Xbox、Xbox 360、Xbox One)に対する下位互換性を持ち、何千ものゲームがプレイできます。そして、過去のゲームの見た目、操作性、プレイ感が下位互換機能によって向上します。

Auto HDR

Xbox Series X と Series S では、Auto HDR という新機能を導入しています。Auto HDRは、SDRしか搭載されていなかったゲームに自動的にHDR機能を追加します。 Auto HDRは、SDRゲームの本来の芸術的な意図を変えることなく、SDRゲームのビジュアルクオリティを向上させます。Auto HDRはシステムに実装されているため、開発者はこの機能を利用するための作業を行う必要がありません。また、Auto HDRはコンソールのハードウェアによって有効化されるため、CPU、GPU、およびメモリにパフォーマンスコストが全くかからず、レイテンシ(遅延)が追加されることもないため、究極のゲーム体験を得ることができます。

フレームレート を2倍にする新技術

Xbox Series X と Xbox Series S は、お気に入りのゲームに次世代のパフォーマンスをもたらします。より高く、より安定したフレームレートにより、ゲームがよりスムーズに感じられ、より没入感のあるゲームプレイが可能になります。多くの改善は、互換性のあるゲームをプレイし、新しいコンソールで増加したCPU、GPU、メモリを活用できるようにカスタム設計されたプロセッサの結果です。さらに、下位互換性チームは、一部のタイトルで効果的にフレームレートを2倍にするための新しい方法を開発しました。 ゲームオリジナルの物理学やアニメーションのため、多くのタイトルには適用できませんが、チームが開発したこれらの新しい手法により、ゲームエンジンのレンダリング速度を向上させ、ハードウェアの性能によりオリジナルのゲームが提供していた以上の滑らかで滑らかな体験を提供することができます。  下に示すように、Fallout 4のフレームレートは、Xbox Series Sでは30fpsから60fpsへと効果的に倍増しており、この伝説的なタイトルを保存して楽しむための新しい方法を提供しています。

Xbox Series S Backward Compatibility Frame Rate Technical Demo – Fallout 4

強化されたビジュアルは必見

Xbox Oneでは、”Heutchy method”でXbox One X用に強化されたタイトルのリストを提供することができました。これにより、720pでレンダリングされたXbox 360のタイトルや、360pで動作していたオリジナルのXboxゲームをXbox One Xで4Kでプレイすることができ、オリジナルのプラットフォームの能力をはるかに超えています。”Heutchy method”は、Xbox Series Sでは1440p、Xbox Series Xでは4Kで様々なタイトルを再生するために現在も使用されています。

Xbox Series X and Xbox Series S Will Be the Best Place to Play 1000s of Games From Across Four Generations of Xbox - Xbox Wire
As gamers, we know how important it is to preserve and respect your gaming legacy. We believe your favorite games and franchises, your progression and achieveme...

フレームレート2倍って、どうやって補完するのかな。

タイトルとURLをコピーしました