『Division2』100階建て高層ビルが舞台「ザ・サミット」TU11にて9月22日リリース決定!今後クロスジェネレーション対応も予定

Ubisoftは9月11日、「Ubisoft Forward(Pre Show)」にて、『Division2』の拡張DLC「ウォーロード オブ ニューヨーク」に向けて、新モード「ザ・サミット」を9月22日リリースすると発表しました。Title Update 11では、この「ザ・サミット」の他に、シーズン3の新マンハントも登場、またゲームの核となる部分の大規模な改善を行うとのこと。さらに、今後、クロスジェネレーションにも対応すると発表しています。

Title Update 11

ザ・サミット(「ウォーロード オブ ニューヨーク」プレイヤーが対象)

『ディビジョン2』「ザ・サミット」トレーラー

「ザ・サミット」は、シングルモードでの新たな体験を提供するとともに、毎回違ったチャレンジを行うことができるコンテンツです。

  • スクワッドまたはソロでプレイが可能
  • 100階建ての高層ビルが舞台
  • フロアごとに異なるチャレンジや敵と対峙し屋上を目指す
  • 屋上には特別な戦闘が待ち受けている
  • ラリーポイント(恒久的なチェックポイント)を利用して、建物内の特定の場所を繰り返しプレイすることも可能

TU11は9月22日に全プラットフォームにて無料で配信。

シーズン3(「ウォーロード オブ ニューヨーク」プレイヤーが対象)

9月22日より、「ウォーロード オブ ニューヨーク」のシーズン3が、新たなマンハントと共にスタートします。プレイヤーは、新たなローグ集団を結成するため、ディビジョンエージェントを脱退した4人を引き入れたブラックタスクのリーダーであるバードン・ジェーファーに立ち向かいます。

シーズン3は、拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」の一部であり、3か月にわたって楽しむことができます。また、シーズン4ではおなじみの顔ぶれをまた見ることができるでしょう。こちらの詳細は後日発表いたします。

主な改善点(すべてのプレイヤーが対象)

TU11には、ゲームの核となる部分の変更と大規模な改善が行われます。これらの変更は9月4日から10日まで実施していたパブリックテストサーバーでテストしていました。

  • 外観MOD、見た目変更: 『ディビジョン2』の既存のキャラクターメニューに追加されるMOD。プレイヤーは通常の見た目や色を変更するだけでなく、装備の見た目そのものを変更することが可能になります。マスク、バックパック、チェスト、グローブ、ニーパッド、グローブ、ホルスター、すべてのアーマーギアが変更可能になります。プレイヤーが希望する外見に変えたり、セットアップのスタイルを変更することができます。外観MODは、レベル1~40のすべてのプレイヤーが利用可能です。
  • “レインボーギア”(コア特性、特性に赤、青、黄色の3色が混在するギア)の出現率が低下します。スキルブランド・ワイバーン用のアイテムに、そのスキルに関連した特性が割り当てられる確率が高くなるなど、ギアピースに対する特性の割り当てが改善され、コア特性と同じ特性がギアピース最初の特性に割り当てられるようになり、プレイヤーが“レインボーギア”を入手する確率が低下します。
  • Agnostic MODスロットを使用すると、マスク、チェスト、バックパックなどすべてのギアピースが変化し、どんなギアMODタイプも使用できるようになります。これによりプレイヤーは、MODスロットの再調整を犠牲にすることなく、赤ビルドにアーマー強化を付与することができます。

クロスジェネレーション

『ディビジョン2』は、Xbox Series X、Xbox Series S、PlayStation5との後方互換に対応することも発表します。これにより『ディビジョン2』は、Xbox Series X、Xbox Series S、PlayStation5との後方互換に対応。これにより、新世代機でも『ディビジョン2』のプレイが可能になりました。

さらに、次世代機とのクロスプレイ対応も予定されています。

  • プレイステーション4のエージェントがプレイステーション5のエージェントと対戦できる
  • Xbox Oneのプレイヤーは、XboxシリーズXとXboxシリーズSのエージェントと対戦することができる
THE DIVISION2 - ディビジョン2
PlayStation®4/Xbox One®/PC用のアクションゲーム『ディビジョン2』の公式サイト。ゲームに関する最新情報をお届けします。
[KRYTAC][KRYTAC VECTOR ][FDE]
ライラクス(LayLax)
タイトルとURLをコピーしました