「デスマーチクラブ」が『ワールズエンドクラブ』に改名、Apple Arcadeにゲリラリリース!!2021年春に”Switch版”リリースも本日公表!

イザナギゲームズは、『ワールズエンドクラブ(World’s End Club)』をApple Arcadeで本日2020年9月4日からリリースすると発表しました。同時に公開されたティザームービーの中で、「デスマーチクラブ」からのタイトル変更と、2021年春に”Switch版”のリリースを告知しています。

ワールズエンドクラブ(World’s End Club)

ワールズエンドクラブ ティザームービー World's End Club Teaser Trailer

ワールズエンドクラブ【World’s End Club】について

小高和剛(代表作:ダンガンロンパシリーズ等)率いるToo Kyo Gamesがシナリオ・ディレクション、二木幸生(代表作: パンツァードラグーンシリーズ等)を中心としたグランディング株式会社が開発を行う、サスペンスパズルアクションゲ ームです。キャラクターデザインを竹(代表作:戯言シリーズ、ポケットモンスターサン・ムーン等)が担当します。プ ロデュースは梅田慎介、パブリッシュは株式会社イザナギゲームズ。

  • タイトル/ワールズエンドクラブ【World’s End Club】
  • ジャンル/サスペンスパズルアクション
  • リリース/2020年9月4日(Nintendo SwitchTM版は2021年春にリリース予定)
  • 対応プラットフォーム/Apple Arcade、Nintendo Switch
  • プロデュース&パブリッシュ/IzanagiGames, Inc.
  • シナリオ&ディレクション/Too Kyo Games
  • 開発/Grounding Inc.
  • エグゼクティブプロデューサー/梅田慎介
  • クリエイティブディレクター/小高和剛
  • シナリオ&ディレクション/打越鋼太郎
  • ディレクター/中澤工
  • キャラクターデザイン/竹
  • 開発プロデューサー/二木幸生
  • アートディレクター/吉田謙太郎

◆小高和剛(コダカ・カズタカ)プロフィール

ディレクター、シナリオライター。
Too Kyo Games代表。
ダンガンロンパシリーズすべての企画、シナリオを手がける。シリーズ作品はそれぞれ舞台化(本郷奏多主演)、アニメ化され、国内外から高い評価を得る。
その後、打越鋼太郎、小松崎類、高田雅史らと共にToo Kyo Gamesを設立。
漫画、アニメ原作、小説執筆など精力的に活動を行う。

◆打越鋼太郎(ウチコシ・コウタロウ)プロフィール

ディレクター、シナリオライター。
Too Kyo Gamesトイレ掃除担当。
「Infinity Series (Never7, Ever17, Remember11)」「Zero Escape Series (Nine Hours, Nine Persons, Nine Doors, Virtue’s Last Reward, Zero Time Dilemma)」「AI: The Somnium Files」など、多数の有名ゲームタイトルのディレクション、シナリオを担当。海外からの評価も高く、数々の賞を受賞。GDCやAnime Expoで何度も講演を行う。

ワールズエンドクラブ公式サイト
ワールズエンドクラブ公式サイトです。

同社が少し前にリリースした「デスカムトゥルー」にタイトルが酷似していたから、変えたのかな?そして、なぜ、Apple Arcade というプラットフォームを選んだのだろう…謎。

タイトルとURLをコピーしました