スポンサーリンク

スクウェア・エニックス「Crystal Dynamics」「Eidos-Montréal」を”Embracer グループ”に売却

スクウェア・エニックスは5月2日、スウェーデン拠点とする ”Embracer Group AB”へ、「Crystal Dynamics」社と「Eidos-Montréal」社、およびIP『TOMB RAIDER』シリーズ、『Deus Ex」シリーズ、「Thief」シリーズ、「Legacy of Kain」シリーズ等を、約3億USドル(約390億円)で売却すると発表しました。Embracer によると、Q2(2022年7月から9月)に契約完了するとのこと。

  • 「Crystal Dynamics」は、1992年にカリフォルニア州で設立。従業員約300人。IPは、『Rise of the TombRaider』と『Legacy of KainDefiance』など
  • 「Eidos-Montréal」は、2007年カナダ、モントリオールで設立。従業員約500人。IPは、『Thief 4』、『Deus Ex Human Revolution』、『Shadow of the TombRaider』
    • 「SquareEnix Montréal」は、2011年カナダ、モントリオールで設立。イギリス含め、従業員約150人。IPは、『Hitman』、『Tomb Raider』、『Deus Ex』。(同社は、登記上、上述の親会社EIDOS INTERACTIVE CORPに含まれているようです)

現在、Embracer Groupは、「THQ Nordic」、「Koch Media」、「Coffee Stain」、「Amplifier Game Invest」、「Sabre Interactive」、「DECA Games」、「Gearbox」などの10グループで運用されており、119のスタジオを所有しています。買収後は、124スタジオになるようです。

スクウェア・エニックス ホールディング発表

https://www.hd.square-enix.com/jpn/news/pdf/20220502%20A_Press%20Release_fin.pdf

Embracer Group AB 発表

https://embracer.com/release/embracer-group-enters-into-an-agreement-to-acquire-eidos-crystal-dynamics-and-square-enix-montreal-amongst-other-assets/

EidosとCrystal Dynamics の現行主要IPは『トゥームレイダー』です。ほぼこれかと。売却は、2020年『Marvel’s Avengers』の伸び悩みも原因かな。

タイトルとURLをコピーしました