スポンサーリンク

『FF16』”開発状況”について吉田直樹氏が坂口博信氏との対談で言及、坂口氏は衣装デザイン制作を希望するなど

10月2日、 ”TGS2021” ファミ通Presents「RPGの魅力と可能性 ~坂口博信 × 吉田直樹 特別対談」にて、プロディーサー吉田直樹 氏が『FF16』について言及。最近『FANTASIAN』をリリースした坂口博信 氏が聞き出しています。

ファミ通Presents「RPGの魅力と可能性 ~坂口博信 × 吉田直樹/TGS2021 ONLINE 特別対談~」

33:42 あたりから。

以下、箇条書き

FF16

  • シナリオは全部上がっている
    • 坂口氏は、ヨコオ氏同様に「シナリオ」を書きたいと発言、小さいクエストだけ書かせてほしい
  • 現在、サイドクエストの残りを作っている
  • キャラ系のモデルは作り終わった
  • いくつかのクオリティアップを残すのみ
  • 制作期間は、会社に怒られるため秘密
  • 最初は少人数で初めて、シナリオを先に作った。これらを入れるとトータル期間は長くなる
  • できるだけ、何を作るか決まるまで人を増やさなかった
  • 結構アクションに振った
  • ばっと広がる「スキルツリー」がある

FF14の話

  • FF14の(シナリオを書く)機会はあるけれど、坂口氏は、脚本で松野氏と勝負はしたくない。面倒くさいしシナリオで勝てない。
  • (最近FF14を始めた)坂口氏は、FF14内で100万ギルを松野氏からもらった。

将来の開発懸念

  • グラフィックリソースへのコストが上がりすぎている、手間も尋常ではない。リアルスケールになると嘘をつけない尺度。世界を救う大冒険が書くことが難しい。
  • PS6、7になったら、作る方は辛い。
  • クラウドが入ってくるのでスペックは関係なくなっていくが、結局はグラフィックリソースを作らなければならない。どうしたものか。
  • AIや自動計算はお手伝いにはなるが難しいと思う。

最後

  • 坂口氏は、「FF16のシナリオが無理だったら、FF16かFF14の衣装デザインをしたい。」吉田氏「衣装!?」、あとでメール交換させてください…。
  • 坂口氏は、次の仕事が来たので、引退しない。
スクウェア・エニックス: ファイナルファンタジーXIV
ファイナルファンタジーXIV
‎FANTASIAN
‎ファイナルファンタジーを生み出した坂口博信がおくる完全新作RPG「FANTASIAN」。 手作りのジオラマによるフィールド、ストーリー、植松伸夫の音楽、戦略性のある戦闘など、すべてに情熱を注いで制作しました。 ▼ジオラマの上の冒険 手づくりで制作された160近くの「ジオラマ」の上を探索します。 「あそこに何かありそ

相変わらず、面白い。

タイトルとURLをコピーしました