スポンサーリンク

iOS版『Fortnite』をめぐるEpic対Appleの裁判に判決!Apple へ”外部リンクをアプリに含める行為”について言及

米国カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所は現地時間9月10日、Epic Gamesが、反トラスト法(独占禁止法)に違反しているとしてAppleを起訴した裁判、並びにAppleが、Epic Gamesに対して『Fortnite』においてiOSデバイスにダイレクトペイオプションを導入したことで、開発者契約およびApp Storeのガイドラインに違反したと反訴した裁判ついて、以下のとおり判決を言い渡しました。

日本語訳は、私の適当なので参考程度に。

Apple Inc.およびその役員、代理人、使用人、従業員、ならびにこれらの者と積極的に協力または参加している者(以下、「Apple」)が、デベロッパーに対して以下の行為を禁止することを、恒久的に差止めます。(i)アプリ内購入に加えて、購入メカニズムに顧客を誘導するボタン、外部リンク、その他の行動喚起をアプリおよびそのメタデータに含めること、および(ii)アプリ内のアカウント登録を通じて顧客から任意に取得した連絡先を通じて顧客と連絡を取ること。

本差止命令は90日後に発効します。

Permanent Injunction」より抜粋

カリフォルニア州の不正競争防止法(California’s Unfair Competition Law)の違反を理由とした10項目の訴状について、(別の差止命令で)原告Epic Games, Inc.を支持する判決を下しました。その他の項目については被告Apple, Inc.を支持する判決が下されました。

反訴については、契約違反の反訴についてAppleを支持する判決を下しました。 Epic Games は、(1)2020年8月から10月の間にEpic Direct Paymentを通じてiOS上のFortniteアプリでEpic Gamesがユーザーから収集した収入12,167,719ドルの30%と、(2)2020年11月1日から判決日までにEpic Gamesが収集した当該収入の30%に相当する金額の損害賠償、および法律に従った利息を支払う。第2および第3の請求は、無意味なものとして否定されます。宣言的判決の請求は、以下に記載されている通り、一部認められます。

訴訟費用は各当事者がそれぞれ負担する。

Judgment」より抜粋

まとめると、

  • Apple は、”開発者が独自にアプリ購入のプロセスを導入したり、顧客情報を取得し連絡したりすることを禁じている”ことについて裁判所から差止め命令を受ける。90日猶予。
  • 不正競争防止法については、Epicの主張は一部(前述の差止命令)認められるが、多くはAppleを支持する。
  • Epic Games は、Appleの規約に違反して、独自に課金して得た収益の30%を、Appleに支払う。
  • 訴訟費用は各自負担。

詳細は、以下で確認できます。

Epic Games, Inc. v. Apple Inc. | United States District Court, Northern District of California

また、日本においては、公正取引委員会が同様の内容について調査しており、9月2日、今後アップルが以下に関して改善措置を実施したことを確認した上で本件審査を終了すると発表しています。カルフォルニア地裁も整合性をとった形です。

ア 事実
 ガイドラインには,デベロッパーがアプリ内でデジタルコンテンツの販売等を行う場合,IAPを使用しなければならないことに加え,消費者をIAP以外の課金による購入に誘導するボタンや外部リンクをアプリに含める行為(以下「アウトリンク」という。)を禁止することが定められている。

※ IAP…アップルが指定する課金方法

カルフォルニア地裁の差止め命令についても、公正取引委員会の説明がわかりやすい。

(令和3年9月2日)アップル・インクに対する独占禁止法違反被疑事件の処理について:公正取引委員会

各メディア、どちらが有利であったか意見が分かれていますが、もしかすると Epic Games の目的は、Appleの手数料30%が高いということを世界に知らしめることであって、さらに、ダイレクトペイメントという方法が可能であることを見せつけることだったのかもしれません。この影響からか各社が手数料30%からの引き下げを行っています。

タイトルとURLをコピーしました