スポンサーリンク

レグザ 4K/120P対応「Z570K」シリーズ発表!43型は約12万円

TVS REGZAは9月1日、4K液晶レグザ「Z570K」シリーズを9月17日より順次発売すると発表しました。サイズは、65/55/50/43型の4つ。 発売日は、65/55型が9月17日。50型が10月上旬、43型が10月下旬予定。

HDMI2.1規格に対応しており、HDMI1および2に、”4K120P*、VRR(可変リフレッシュレート)*、eARC” 機能が搭載されています。映像処理エンジンは、”レグザエンジンZRⅠ”。 HDRは、”HDR10+/ HDR10/HLG HDR/DOLBY VISION/DOLBY VISION IQ”に対応しています。

*4K120Pと、VRRは、2021年秋のソフトウェアアップデートで対応

これまで、HDMI2.1を搭載した120Hzパネルは、コスパがよい4K有機ELの「LG CXシリーズ」が選ばれることが多く、最近48型が発売されましたが、PCモニタとして利用するには若干大きめでした。本製品であれば、画質は劣りますが焼付きづらい液晶パネルですし、43型は、次世代ゲーム機向けだけでなく、大きめPCモニタとして選択肢の一つに入るのはないでしょうか。

詳細は以下でご確認ください。

プレスリリース

倍速パネル搭載 シンプル4K液晶レグザ「Z570Kシリーズ」発売
TVS REGZAからのお知らせを掲載しております。

製品情報

Z570K/TOP|テレビ|REGZA:東芝
東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。-Z570K製品情報詳細-

ゲーム機能

Z570K/快適・便利/ゲーム機能|テレビ|REGZA:東芝
東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。-Z570K製品情報詳細-

ソフトウェアアップデートで対応というのが、少し気になる。誰かがレビューしたら買おうかな…

ちなみに、以下が2020年モデルLGの人気製品です。

タイトルとURLをコピーしました