スポンサーリンク

『FANTASIAN(ファンタジアン)』「後編」突然日本でリリース!

ミストウォーカーは8月13日、先日発表されたRPG『FANTASIAN(ファンタジアン)』「後編」の配信を開始しました。世界同時配信のため、日本では13日深夜か14日未明にリリースされる予定とのことでしたが、前編同様、予定より少し早めの配信となったようです。

プラットフォームは、iPhone/iPad/Mac/Apple TV。Apple Arcade(サブスクリプション:月額600円)でプレイでます。

バージョン 2.0.0

後編が追加されました。

自由度の増すクエスト方式で、40〜60時間のボリュームがあり、これにより総プレイ時間は60〜90時間ほどになっています。

また、ユーザー選択による「スキル成長」が、より各キャラクターに個性を与え、さらに戦闘中に自由にキャラクターを入れ替えることができ、戦略性にさらに高くなりました。

後編で新たに登場するジオラマの数は約50、また植松伸夫によるの追加された新曲は34曲になっています。オペラ的なラスボス戦闘曲など、聴き応えのある楽曲が、さらにFANTASIANの世界を彩ります。

‎FANTASIAN
‎ファイナルファンタジーを生み出した坂口博信がおくる完全新作RPG「FANTASIAN」。 手作りのジオラマによるフィールド、ストーリー、植松伸夫の音楽、戦略性のある戦闘など、すべてに情熱を注いで制作しました。 ▼ジオラマの上の冒険 手づくりで制作された160近くの「ジオラマ」の上を探索します。 「あそこに何かありそ

おめでとうございます!

タイトルとURLをコピーしました