スポンサーリンク

『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「OSA」発表!”Talon-8クリアシールド”で敵の銃撃を防ぐ

Ubisoftは8月13日、『レインボーシックス シージ』 YEAR6シーズン3「Crystal Guard」で登場する攻撃側オペレーター「OSA」を発表、トレーラーを公開しました。彼女は”Talon-8クリアシールド”で敵の銃撃から身を守ることができるようです。詳細は、8月16日に公開予定。

“キャプテンのお嬢さんへ

君から教わったチャンネルからKaliの計画について引き出せた情報は多くないが、既にフィールド入りしている大物プレイヤーについては君も知りたいだろう。ナイトヘイブンの技術は常に最先端を行くが、この人物のおかげだと言える。

アンヤ・“Osa”・ヤンコヴィッチは電気機械技術、軍事工学、ロボット工学に通ずる天才だ。大学卒業後すぐにナイトヘイブンに加入し、“Quantum Concepts & Robotics(量子力学概念&ロボット工学)”というR&D部門を立ち上げた。Kali自身もフィールド実験に参加した。ボスの女性は話したがらないのでAceに話を聞くことにした。

彼によるとKaliとOsaは何でも話し合う仲らしい。Kaliは自分にとって“金の卵を産むガチョウ”であるOsaのことになると随分と肩入れする。周りにどう言われようと二人は親友であり、ビジネスパートナーでもある。ハリーがOsaを入れようとする理由は十二分にあるんだよ。

ナイトヘイブンのスペシャリストたちが使うガジェットを調べたところ、(修正を重ねた後でも)その全てに1つの共通する特徴があった。これらがOsaのプロトタイプだったんだろう。彼女はおそらくKaliがInvitationalで使った装備を製作した。君が話していたユニフォームだ。

Kaliがチームキャプテンになった今、彼女が身内を連れて来ても驚かない。Osaだとは思わなかったけどな。Osaは経験豊富で能力も高いが、Kaliが前線には出させないだろうと思っていたよ。

Osaのデバイスは前線で必ず役に立つ。機械仕掛けの爪が付いた透明なシールドは壁面や枠に引っ掛けて自立する。前線を上げるミッションを実行する防衛側のために設計されたが、Miraは自分が思い付かなかったことを悔しがるだろうな。今のところナイトヘイブンが手を焼いている様子はない。

Ash、君の読みは甘かった。Kaliは君が思うよりも人間らしさがあったってわけだ。あいつはルールに縛られないから、どう出てくるか予想もつかないな。ハリーとの面談が終わったら相談してみろ。俺は引き続き調査する。

— サンティアゴ・“Flores”・ルセロ”

タイトルとURLをコピーしました