スポンサーリンク

『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』開発者が解説したハイライト動画公開

GSC Game Worldは、先日「E3 2021」にて『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』に関して、発売日発表とともに、開発者がトレーラーなどの解説をしました。本日6月18日、それらをハイライトにしてまとめた動画を公開しています。

(筆者が訳して大雑把に記載)

本作は、”チェルノブイリの心”のサブタイトルがつき、2022年4月28日発売となりました。PCとXboxで予約が開始されています。トレーラーの部分は、化学工場での銃撃戦で、ゲーム内で武器を拾ったり、改造を取り付けたりするアニメーションが見られます。

「S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky」をプレイした方なら、この場所を覚えているかも知れません。塔は今も残っています。SKIFがアーティファクトハントに使用する新しい探知機が登場します。その形から「Gilka」と呼ばれウクライナ語で「枝」を意味します。集めているアーティファクトは 「ゼリー」と呼ばれ、ゲーム内ではスタミナを回復してくれます。

ゾーンには興味深い運命を背負ったキャラクターがたくさん登場します。またゾーンには危険とミュータントがいっぱいです。

(モーションキャプチャーの説明など省略)

トレーラーの最後に映っているのは、「S.T.A.L.K.E.R.」シリーズの生みの親であるSergiy Grygorovych氏です。

今日は参加してくれてありがとう。私たちは、2022年4月28日にゾーンに突入するその瞬間が待ち遠しいです。

Sergiy Grygorovych 氏

このゲームについて

チェルノブイリ立入禁止ゾーンは、2006年に原子炉が2回目の爆発を起こした後、大きく変わった。凶暴なミュータント、恐ろしいアノーマリー、派閥の抗争などによって、このゾーンは非常に生存が難しい場所となっている。それにも関わらず、計り知れない価値を持ったアーティファクトは、ストーカーと呼ばれる多くの人々を惹きつけた。彼らは一攫千金を狙って、あるいはチェルノブイリの中心部に隠された真実を見つけようと、危険を冒してゾーンに足を踏み入れた。

シームレスなオープンワールドで繰り広げられる壮大な非線形のストーリー

孤高のストーカーになって、64km²の広さを持つ放射能汚染地帯を舞台とした写真のようにリアルなシームレスオープンワールドを探検し、様々な角度から世の終末を思わせる雰囲気を体験しよう。広がりのある壮大なストーリーの中で、自身の運命と人類の運命を背負いながらゾーンの奥へと進もう。

多種多様な敵、そして何百通りもの組み合わせが可能な武器

様々な派閥のメンバーと出会い、仲間にしたり戦ったりしよう。様々な戦術を仕掛けてくる敵と、激しい銃撃戦を繰り広げよう。30種類以上の武器の中から自由に選び、多くの改造を行うことで、何百通りもの強力な組み合わせを作り出すことができる。

異なる行動モデルを持つ伝説的なミュータント

異なる行動モデルに基づいて動く恐ろしいミュータントとの遭遇に備えよう。各ミュータントは、異なるサブタイプで現れる場合があるため、行動が予測しにくくなっている。群れで狩りをしている多数のミュータントの隠れ家がある地域は、非常に危険だ。

計り知れない価値があるアーティファクトと容赦ないアノーマリー

最も価値のあるアーティファクトとゾーンの秘密は、最も危険な場所に眠っている。ゾーンに散らばる高価なアーティファクトを探す際には、危険なアノーマリーやユニークで破壊的な主要アノーマリーに注意しよう。多くの先人たちの命を奪ったゾーンの謎を解き明かす勇気はあるか?

伝説的なS.T.A.L.K.E.Rの世界とゲーム体験を楽しもう。

  • FPS、ホラー、没入型シムの融合に基づくユニークなゲームプレイ
  • 数種類のエンディングにつながる様々なストーリーラインからなる非線形のストーリー
  • 最先端の写真測量技術とスキャニング技術を駆使して開発された業界標準となり得るグラフィックス
  • コアなプレイヤーをも惹きつける高度な人工知能システム
  • ライフシミュレーションシステム「A-life 2.0」によって、今まで以上にリアルになったゲームの世界
  • 飢え、睡眠、出血、被曝効果など、ゲームプレイをさらに深める没入型のサバイバルメカニクス
  • ダイナミックな昼夜のサイクルと天気の存在でさらに現実味を帯びたゲーム体験
  • クリエイティブなプレイヤーがゲームの世界を拡張しさらに充実させることができるように、MODの使用をサポート
タイトルとURLをコピーしました