スポンサーリンク

任天堂「2021年3月期決算発表」売上高 17,589 億円に!Switchは 8,100万台突破

任天堂は5月6日、2021年3月期決算発表にて「決算短信」「決算説明資料」を公開し、売上高 17,589 億円(+34.4 %)、当期純利益 4,803 億円 (+85.7 %)であることが明らかになりました。

以下に、ゲームに関連する部分を引用しました。前年度は3月に発売した『あつまれどうぶつの森』の影響が大きくでていましたが、今年はそれを上回っているようです。

全体

ハードウェアもソフトウェアも、前年比で全体的に約37%増加。

「2021年3月期 決算説明資料」P11

ハードウェア

ハードウェアは、全体を通じて、前年よりも上回っている。

「2021年3月期 決算説明資料」P12

ソフトウェア

『あつまれどうぶつの森』の影響を除いて、ソフトウェアは前年同期を超えている

「2021年3月期 決算説明資料」P13

デジタル売上高が非常に好調。前年比+68.5%となっている。

「2021年3月期 決算説明資料」P14

全体的に好調ですが、”今後の見通し”では、次年度FY22は売上高 -9.0 %になると予想しています。これは「新型コロナウィルス」や「世界的な需要増が見られる半導体部材を含む部品の調達に支障」のリスクを考慮しているようです。なお、新型Switchに関する言及はありませんでした。

詳細は、以下でご確認ください。

株主・投資家向け情報:決算発表・IRイベント
任天堂株式会社の株主・投資家向け情報のページです。

ファーストタイトルの比率が79.4%。多角化せずに、ゲームだけで、ここまで大きい企業は珍しい。

タイトルとURLをコピーしました