スポンサーリンク

アクションRPG『Elden Ring(エルデン リング)』がKADOKAWAの重点施策の1つに

KADOKAWAは4月30日、「2021年3月期 通期決算」にて、”中期経営方針”における2023年3月期までの経営目標として、子会社フロム・ソフトウェア制作『Elden Ring(エルデン リング)』を重点施策の1つに挙げています。つまり、2022年末までには発売される可能性が高まっています。

公開された『Elden Ring(エルデン リング)』のフリップには、”「Dark Souls」シリーズの王道進化となるアクションRPGタイトル”と記載されており、「Dark Souls」系であることが明確になりました。(筆者注:”王道のダークファンタジー”までの言及はあった)フロム・ソフトウェア史上、最大規模のゲームにもなるようです。

2021年3月期 通期決算説明資料」P19より

真偽不明のリーク情報がありましたが、2019年6月10日「E3」本作製作発表でのトレーラー公開以降、公式な情報公開はありません。現在も、公式HPでは、プラットフォームがPS4/Xbox One/PC、価格未定のままとなっています。

ELDEN RINGデビュートレーラー【2019 E3】
株式会社KADOKAWA 企業情報|IR・投資家情報
KADOKAWAの投資家情報。IR情報、経営方針、業績・財務情報、有価証券報告書、半期報告書、事業報告、KADOKAWA通信、決算短信、株主総会、株主優待制度、株式事務。

発売は2022年初頭なのかな…

タイトルとURLをコピーしました