スポンサーリンク

任天堂の熱狂的ファンが自身のコレクションを保管するために、創業当時の任天堂を再現!

フランスの任天堂コレクターであるFabrice Heilig 氏が、自身のコレクションを保管するために、1889年創業当時の任天堂の建物(山内任天堂)を再現したと、KOTAKU誌が伝えています。”かるた製造元”の時ですね。

この建物、残念ながら2004年に取り壊されて駐車場になっていたことから、Fabrice 氏は、その駐車場の大きさを計測し、写真を元に再現したとのこと。京都スタイルの消火器ボックスは日本から輸入したそうです。

任天堂が解体される前の創業時建物

建築過程など多くの写真は、同じく任天堂コレクターの Erik Voskuil 氏が運営するブログ「beforemario」で見ることができます。

Source: beforemario

Meet the collectors | Fabrice Heilig update part 1
In today's post we are revisiting the collection of French Nintendo collector Fabrice Heilig. Fabrice was one of the first collectors featur...

VIA: KOTAKU

Nintendo Superfan Recreates Company's 19th Century Office To Store His Collection
Fabrice Heilig, a Nintendo collector from France, has been amassing stuff for so long that his house was running out of space to store it all. So he decided to ...

かなり細かなところまで再現している!

タイトルとURLをコピーしました