スポンサーリンク

カプコン「カプコン統合報告書2020」公開 販売本数2,550万本、営業利益22,827百万円など好調

カプコンは1月27日、ホームページ上に「カプコン統合報告書2020」を公開しました。

2020年3月期まで7期連続で、営業増益を達成。売上は81,591百万円で前年比18.4%下がっているものの、営業利益22,827百万円で前年比25.8%増となっています。

2020年は、販売本数2,550万本で横ばいですが、コロナ禍の影響からか、デジタル販売(ダウンロード版)の割合が急激に増えていることがわかります。今後数年間で3,000万本を目指していくそうです。

その他、詳細は以下でご確認ください。

オンライン統合報告書2020|株式会社カプコン
本書では、ゲームというコンテンツを通じて人々を幸せにするという企業理念のもと、急速にデジタル化が進む市場において持続的な成長を可能にする当社ビジネスモデルや成長戦略についてCEO、COOが詳解するほか、開発トップによる開発組織のマネジメント手法を掲載しています。

売上高営業キャッシュフロー比率は27.3%、ROE16.9%はすごい。コロナ禍だからアミューズメントや映画は、きびしいと思うけれど、今年は『モンハンライズ』や『バイオ ヴィレッジ』があるからさらに伸びそう。

タイトルとURLをコピーしました