スポンサーリンク

ファミ通.com ソフト&ハード週間販売数:『桃太郎電鉄』21万本で5週連続首位!PS5は1.7万台、Xbox Series X|Sは375台!TOP10がSwitchタイトルで埋まる【12/14~12/20】

ソフト推定販売本数TOP10

1位(前回1位) Switch 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~
20万9123本(累計96万4207本)/KONAMI/2020年11月19日

2位(前回3位) Switch あつまれ どうぶつの森
95097本(累計627万353本)/任天堂/2020年3月20日

3位(前回4位) Switch リングフィット アドベンチャー
58654本(累計202万8444本)/任天堂/2019年10月18日

4位(前回5位) Switch マリオカート8 デラックス
44450本(累計338万8984本)/任天堂/2017年4月28日

5位(前回6位) Switch ピクミン3 デラックス
40359本(累計40万7820本)/任天堂/2020年10月30日

6位(前回8位) Switch Minecraft
35165本(累計165万4462本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日

7位(前回9位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
33475本(累計395万9987本)/任天堂/2018年12月7日

8位(前回10位) Switch スーパーマリオパーティ
30046本(累計168万7940本)/任天堂/2018年10月5日

9位(前回13位) Switch スーパーマリオ 3Dコレクション
28102本(累計45万5469本)/任天堂/2020年9月18日

10位(前回18位) Switch 世界のアソビ大全51
24502本(累計47万9976本)/任天堂/2020年6月5日

※11位より下の数値は、“ゲーム販売本数ランキングページ”にて2020年12月25日以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch/21万1725台(累計1404万5916台)
  • Switch Lite/51579台(累計301万6285台)
  • PS5/15122台(累計19万6099台)
  • PS5 デジタル・エディション/2456台(累計45863台)
  • Xbox Series X/268台(累計24699台)
  • Xbox Series S/107台(累計6520台)
  • PS4/10291台(累計770万2754台)
  • PS4 Pro/52台(累計157万5418台)
  • Xbox One S/16台(累計93733台)
  • Xbox One X/17台(累計21069台)
  • Newニンテンドー2DS LL/556台(累計174万9048台)
  • Newニンテンドー3DS LL/27台(累計588万8925台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2020年12月14日~2020年12月20日。
※次回の【ソフト&ハード週間販売数】ランキングは2021年1月7日にアップ予定。2週合算(2020年12月21日~2021年1月3日集計分)のデータを掲載します。

Source: ファミ通

【ソフト&ハード週間販売数】Switch『桃鉄』が5週連続首位の絶好調。Nintendo Switch&Liteは累計販売1700万台を突破【12/14~12/20】 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年12月14日~12月20日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。
桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~
コナミデジタルエンタテインメント

・『桃鉄』が、21万本で5週連続1位。先日、累計150万を達成したと告知がありました。来年、200万本に到達するかもしれません。そして、今週もTOP10がSwitchタイトルで埋まっています。

・Switch/Lite は、11月下旬から毎週20万台を売り上げていました。これら多くは、クリスマス用と考えられ、任天堂が”今週末、ニンテンドーアカウントのサーバーが混雑するので事前に作成するよう”注意喚起を出すほど。

・PS5/DEは、17,578台 と、供給量が少ないままです。累計24万台出荷されていますが、ここに来ても、PS5タイトルの売上本数がのべ10万本に届かないようで、数が合わない。余談ですが、SIE、CEOの過去の発言はリップサービスだったようですね。

・Xbox Series X|Sは、375台。マイクロソフトは、家庭用ゲーム機において、日本を市場と見ていないと考えても良いかと。もしかしたら、PC(Xbox Game Pass for PC)などに、市場を移動させたいのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました