スポンサーリンク

『Dead by Daylight』殺人鬼の能力「血の渇望」を一時的に無効化するテストをライブサーバーで実施!11月21日午前1時から

Behaviour Interactiveは、11月21日午前1時から24日午前1時まで、殺人鬼の能力『血の渇望』の効果測定を行うため、PC版&家庭用ゲーム機版のライブサーバーで血の渇望を一時的に無効化するテストを実施すると発表しました。

近日、PC版&家庭用ゲーム機版のライブサーバーで『血の渇望』を一時的に無効化します。

血の渇望ってなに?

血の渇望とは、すべての殺人鬼に搭載されている、生存者を追っている時間が長くなると徐々に移動速度が上がる能力のことです。

なんでそんなことするの?

血の渇望は、かつて殺人鬼がとても強力な窓枠の周りを逃げる生存者に追いつくのを手助けするために実装されました。実装当時は強力な窓枠がいくつもあり、乗り越えを行うたびに大きく距離を稼ぐことで殺人鬼が追いつくのがほぼ不可能な状況が発生し得ました。

それから時は経ってシステムは大きく進歩し、強力な窓枠や周辺地形を検知してマップ上に生成されることを防止することができるようになりました。その結果血の渇望は様々な議論を呼び、多くのプレイヤーの皆さんから最早不要なシステムであるというご意見をいただくようになりました。

2020年の今、血の渇望がもたらしている効果を確認するため、今週末PC版&家庭用ゲーム機版で血の渇望を無効化します。これにより皆さんからのフィードバックやデータを集め、血の渇望があること・ないことによる影響がどのようなものか現実世界で確認することができます。

テスト実施期間

11月21日午前1時~11月24日午前1時

テスト終了後、血の渇望は元の効果に戻ります。

注意事項

今回のテストでは血の渇望の効果のみ無効化します。ゲーム内にある血の渇望に関する記述はそのまま残ります。また、パーク“猛獣”は発動しなくなります。

テストの後どうするの?

今回の無効化はあくまでデータを集めるためのものであり、その後血の渇望をどうするかは現在のところまだ決まっていません。

Just a moment...

「テストの後どうするの?」の日本語訳は、”データ収集後、計画もなく何をしようか決まってない”と一瞬解釈してしまった。英語は、今回データ取るだけということを強調したかっただけみたい。日本語訳あってるのに、難しいな。

We would like to stress that this experiment is purely to gather data: No future plans for Bloodlust are set in stone at this time.

英語本文

Just a moment...
タイトルとURLをコピーしました