スポンサーリンク

『Ruined King(ルインドキング): A League of Legends Story』2021年初頭発売決定!「League of Legends」世界観のターン制RPG

Riot Gamesは10月31日、シングルプレイヤー専用のターン制RPG『Ruined King: A League of Legends Story(ルインドキング ア リーグオブレジェンド ストーリー)』を2021年初頭にリリースすると発表しました。プラットフォームは、Switch/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam,Epic)。PS5版とXbox Series X|S版は、後日リリースされ、現行機版の所有者は、無料でバージョンをアップグレードできるとのこと。

公式アナウンストレーラー

Ruined King(ルインドキング): A League Of Legends Story | 公式アナウンストレーラー

 本作のゲームストーリーは、LoLの世界観を継承した2つの地域が舞台となります。1つは海の怪物ハンターや港のギャング、世界中の密輸業者たちが根城にする港街「ビルジウォーター」。そしてもう1つは、触れた者を破滅させる恐ろしい「黒き霧」に覆われた、呪われた島である「シャドウアイル」です。また、主人公のイラオイとミス・フォーチュンの他に、ヤスオ、アーリ、ブラウム、パイクらLoLでも人気の6人のチャンピオンが、プレイ可能なキャラクターとして登場します。

登場キャラクター

地域

ビルジウォーター
シャドウアイル

製品情報

■タイトル:Ruined King : A League of Legends Story™

■販売日:2021年初頭(予定)
■販売価格:未定
■ジャンル:シングルプレイ ターン制 RPG
■公式サイト:https://ruinedking.com/ja_JP/
■プラットフォーム:
・Nintendo Switch™
・PlayStation®4 / PlayStation®5
・Xbox One / Xbox Series X|S
・Steam®
・Epic Gamesストア

LoLと異なり、シングルプレイのターン制RPGになるということで、どんな感じになるとのか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました