スポンサーリンク

【噂】次世代Switchには「ミニLEDディスプレイ技術」が採用されるかもしれない

經濟日報(台湾)によると、任天堂は最近、来年発売される次世代Switchの生産準備を開始し、最も人気のある「ミニLED※ディスプレイ技術」の導入を計画。台湾のInnolux(群創光電: Foxconnの子会社)を訪問しているとのこと。

※ ミニLEDは、”100μm程度の小型LEDを搭載したバックライト”。一般液晶モニタに使われているLEDの5分の1サイズで、細かな明暗制御が可能で高画質。”小型のモニタ”ではない。

現行Switchは、JDIとSharpから液晶パネルの供給を受けていますが、次世代Switchに低消費電力の最新ミニLEDを導入するために、大規模な設備投資をしている海外企業からの供給も検討しているのかもしれません。

8月末に、任天堂が、FCC(米連邦通信委員会)に、開発用Switchの「SoC」と「メモリ」の変更を申請していたことが判明しており、今回の件で、新しいSwitchの発売が、より現実味を帯びてきました。

Via: Reddit

Source: 經濟日報

https://money.udn.com/money/story/5612/4963550

余談ですが、現行Switchは、2017年3月3日に発売されています。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~
コナミデジタルエンタテインメント
¥4,500(2024/03/03 03:43時点)